【人気記事 Best 20 】

遠野なぎこ
整形劣化疑惑の遠野なぎこ
元AKB48の板野友美
整形疑惑の元AKB48板野友美
元AKB48の前田敦子
整形疑惑の元AKB48前田敦子
元AKB48の篠田麻里子
整形疑惑の元AKB48篠田麻里子
AKB48の渡辺麻友
整形疑惑のAKB48渡辺麻友
菜々緒
整形疑惑の菜々緒
佐々木希
整形疑惑の佐々木希
小倉優子
整形疑惑の小倉優子
叶恭子
整形劣化疑惑の叶恭子
叶美香
整形劣化疑惑の叶美香
きゃりーぱみゅぱみゅ
整形疑惑のきゃりーぱみゅぱみゅ
ICONIQ
整形疑惑のICONIQ
辻希美
整形疑惑の辻希美
加護亜依
整形劣化疑惑の加護亜依
紺野あさ美
整形疑惑の紺野あさ美
松田聖子
整形疑惑の松田聖子
押切もえ
整形疑惑の押切もえ
川島なお美
整形劣化疑惑の川島なお美
加賀まりこ
若い頃から現在までの加賀まりこ
浅丘ルリ子
若い頃から現在までの浅丘ルリ子
ページ :

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【このブログ全体のテーマ】成長 メイク 整形手術 美容整形 老化 変化 劣化 幼少期 幼少時代 小学生 中学生 高校生 大学生 頃 時代 デビュー前 デビュー後 昔 最近 現在 前後 芸能人 有名人 タレント 女優 歌手 シンガー 芸人 二重まぶた 一重まぶた 鼻 アンチエイジング 美容外科 美容医療 美人 美しい 綺麗 キレイ 可愛い かわいい 若々しい 若い 衰え

★整形経験者やドクターブログ(術前後写真たくさん有り) ⇒ にほんブログ村 美容ブログ 整形・プチ整形へ  
★他の芸能情報や芸能写真はこちら ⇒ にほんブログ村 芸能ブログ 女性芸能人・タレントへ

   

山口百恵の顔の変化(成長、メイク前後、美容整形手術前後、老化?)

山口百恵

デビューした1973年(中学3年生 14歳)
デビュー当時の山口百恵

【高校生時代】 1年生 → 2年生 → 3年生
高校生時代の山口百恵

【高校卒業後】 1977年(18歳) → 1978年(19歳) → 1979年(20歳)
高校卒業後の山口百恵

芸能界を引退した1980年10月(21歳)
このファイナルコンサートの最後にマイクをステージの中央に置き、去るシーンは今でも有名ですね。
引退コンサート 山口百恵

1980年11月(引退翌月)に俳優の三浦友和と結婚(21歳)
山口百恵の結婚

引退から何年も経った頃   人気絶頂時に引退して、復帰することもなく、30年経ってもファンは多く、すごいなぁ。
それにしても、特に右の写真2枚は冬にいっぱい着込んでさらに太ったように見え、すっぴんの時で、わざわざこういう姿の時に撮ったようで、カメラマンに悪意を感じる。
最近の山口百恵



山口百恵(やまぐちももえ)、本名:三浦百惠(旧姓:山口) 、別名:横須賀恵(作詞時のペンネーム)
生年月日:1959年1月17日
出生地:東京都渋谷区恵比寿
学歴:横浜市立瀬谷小学校→横須賀市立鶴久保小学校卒業→横須賀市立不入斗中学校→品川中学校(現:品川女子学院中等部)卒業→日出女子学園高等学校(現:日出高等学校)卒業
職業:元歌手、元女優
家族:三浦友和(夫)、ロックバンド Peaky SALTのユウ(三浦祐太朗、長男)、俳優・三浦貴大(二男)
1972年12月、オーディション番組『スター誕生!』で、牧葉ユミの「回転木馬」を歌い、準優勝、20社から指名を受ける。
1973年4月、映画『としごろ』に出演し、5月21日に同名の曲で歌手としてもデビュー。森昌子・桜田淳子と共に「花の中三トリオ」と呼ばれた。デビューのキャッチコピーは「大きなソニー、大きな新人」。
第二弾の「青い果実」ではイメージチェンジを図り、大胆な歌詞を歌わせる路線を取った。
1974年の「ひと夏の経験」の大ヒットで大きく花咲くこととなった。青春映画の名作『伊豆の踊子』に主演し、演技でも評価を得る。この映画で共演した相手役の三浦友和とはグリコプリッツのCMでこの年の夏に共演済であった。
百恵の主演映画13作のうち12作は三浦との共演である。
映画デビューした1974年10月からはテレビドラマ赤いシリーズ(大映ドラマ)でも好演、高い人気を集め、6年にも及ぶ人気ドラマとなる。
1976年 にはブロマイドの年間売上成績で第1位に輝いた。「横須賀ストーリー」から阿木燿子・宇崎竜童夫妻の作品を歌い、新境地を開く。結果として引退まで歌うことになる宇崎夫妻の作品の数々は、大ヒットの連続で、百恵の世界を決定的に形作った。
1978年の『第29回NHK紅白歌合戦』では紅組のトリを務めた。ポップス系のトリは、同年白組のトリを務めた沢田研二と共に初めてのことであった。また、10代の歌手が紅白のトリとなったのも百恵が初。その記録は未だに破られていない。
1979年10月20日、大阪厚生年金会館のリサイタルでその役柄のイメージのまま、「私が好きな人は、三浦友和さんです」と、三浦との恋人宣言を突如発表する。その後三浦も記者会見で「結婚を前提にして付き合っています」と語った。
翌1980年3月7日には三浦との婚約発表と同時に、芸能界引退を公表。
1980年10月5日、日本武道館で開催されたファイナルコンサートでは、ファンに対して「私のわがまま、許してくれてありがとう。幸せになります」とメッセージを言い残し、そして最後の歌唱曲となった「さよならの向う側」で堪えきれずに、涙の絶唱となった。唱終了後、ファンに深々と一礼をした百恵は、マイクをステージの中央に置いたまま、静かに舞台裏へと歩みながら去っていった。
正式な完全引退は10月15日のホリプロ20周年記念式典で、歌った曲は「いい日旅立ち」。引退記者会見が事実上芸能人として現役最後のテレビ生出演となった。
引退時は21歳(22歳の誕生日の約3か月前)で、芸能人としての活動はわずか7年半ほどだった。引退までにシングルは31作の累計で1630万枚、LPは45作の累計で434万枚を売り上げ、70年代最もレコードを売り上げた歌手だった。
1980年11月19日、結婚。
同年刊行された自叙伝『蒼い時』は、複雑な生い立ち、芸能人としての生活の裏面に加え、恋愛や性体験についても赤裸々につづられており、発売から1ヶ月で100万部を超え、12月までに200万部を超える大ベストセラーになった。
引退後も常にマスコミやファンからの注目を集めているが、一貫して芸能界とは距離を置いている。
家庭に入ってからは2人の息子をもうけた。
2008年、長男の三浦祐太朗が4人組ロックバンド、Peaky SALT(ピーキーソルト)のボーカル・ギターとして、シングル「イトシセツナナミダ」でメジャーデビュー。
2009年9月、二男である三浦貴大が映画『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』で俳優デビュー。
2011年、母の日にちなんで2011年度「母が選ぶ理想の母」のアンケートで1位となった(2位は岡江久美子、3位は冨司純子)。


【このブログ全体のテーマ】成長 メイク 整形手術 美容整形 老化 変化 劣化 幼少期 幼少時代 小学生 中学生 高校生 大学生 頃 時代 デビュー前 デビュー後 昔 最近 現在 前後 芸能人 有名人 タレント 女優 歌手 シンガー 芸人 二重まぶた 一重まぶた 鼻 アンチエイジング 美容外科 美容医療 美人 美しい 綺麗 キレイ 可愛い かわいい 若々しい 若い 衰え

★整形経験者やドクターブログ(術前後写真たくさん有り) ⇒ にほんブログ村 美容ブログ 整形・プチ整形へ  
★他の芸能情報や芸能写真はこちら ⇒ にほんブログ村 芸能ブログ 女性芸能人・タレントへ

   
Category

  全記事一覧はこちら



   50音順
Search
現在は一部の環境で使用できなくなっています
QR Code
QR
RSS
最近記事のRSS
Ranking
整形経験者や
ドクターブログ
(術前後写真 多数)

にほんブログ村 美容ブログ 整形・プチ整形へ




他の芸能情報や
芸能画像は↓
にほんブログ村 芸能ブログ 女性芸能人・タレントへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。